Contents
  1. 配置
  2. HTMLファイルの作成
    1. 確認するには
    2. サンプル

2011作品(レポート)

  • HTMLで記述する
  • 分量の目安は各章(サブテーマ)毎に2000〜5000文字程度
  • 他人のホームページのコピーは厳禁
  • 各章の分量はおおよそ統一する
  • 「です、ます」「である」調は作品内で統一する
  • 節や図表を使い要点が明確になるよう心がける
  • レポートは外部公開しない
    • が,著作権に注意.他人の著作物を無断でコピーしない.
    • 作品の一部として使う場合、引用元の情報を記すこと.
  • 参考文献は,「なんとなく参考にしたもの,関係のありそうな文献等」をただリストアップするものではない.文章中で,自分ではなく他人の意見を引用している箇所に,対応を明示して示すべきである.
    • 例:アレキサンドリアの天文学者プトレマイオスが体系化した天動説 [参考文献1] に対して,コペルニクスが地動説 [参考文献2] を唱えたのは,16世紀のことであった.17世紀にイタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイが木製の衛星を観測し,コペルニクスの地動説の正当性について言及した.
  • 図や表についても,なんとなくイラスト的に並べるのではなく,本文中で説明・言及するもののみを厳選して提示すべきである.図表には通し番号を振り,本文中で以下のように参照し言及すること.
    • 例:天動説の考えを視覚的に示したのが図3である.図3に示すように,天動説では地球を中心として,火星や金星がその周りを周回しているという考えを唱えている.

配置

  • HTMLファイル,画像は,すべてSubversionのリポジトリに含める.
  • 画像,リンクには(必要がないとき以外は)相対パスを使用する.
      • <a href="index.html">
      • <img src="figure.png">
  • ちなみに,プレゼンファイル(presen.odp)も同じ場所に含めること.

HTMLファイルの作成

  1. コンソールを開き、~$ のあとに、cd pbl と入力する。詳しい意味はファイルとフォルダを参照。
    1. もし「そのようなファイルやディレクトリはありません」と言われたら、mkdir pbl ; cd pbl と入力
  2. ~/pbl$ のあとに、kw index.html と入力する。kw は kwrite テキストエディタの別名.index.htmlは編集したいファイル名。
  3. 以下のようなタグをつかって、入力する。
  4. 入力したら、保存することをわすれずに。

確認するには

iceweasel index.html

サンプル

http://ist.mns.kyutech.ac.jp/jpbl/2010/

ブラウザのメニュー「表示」>「ページのソース」(またはCtrl-U)で、HTMLファイルが確認できます。

<html>
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>
<h1>ヘッダー レベル1</h1>
<h2>ヘッダー レベル2</h2>
<h3>ヘッダー レベル3</h3>
 
<ul>
<li>番号なしリスト</li>
<li>番号なしリスト</li>
<li>番号なしリスト</li>
</ul>
 
<ol>
<li>番号つきリスト</li>
<li>番号つきリスト</li>
<li>番号つきリスト</li>
</ol>
 
 
</body>
</html>





Last modified: 2012-11-22 Attached files total: 1MB